時々帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦争の常識

戦争の常識 (文春新書)戦争の常識 (文春新書)
(2005/02)
鍛冶 俊樹

商品詳細を見る

戦闘機一機で200億円,ニミッツ級空母一隻で5兆円,激高い!!
昔から戦争にはお金がかかったんだろうけど,今の戦争は桁が違う.
陸,海,空,宇宙,ネットとどこでも軍事的優位を保つために惜しげもなく金をつぎ込み争いが繰り広げられている.
インターネットもGPSもそういう競争の中から生まれたもので,精度のよいGPSは今でもアメリカ軍専用で使わせてもらえないらしい.そう考えると,クローズドな思考をもつ軍事目的でつくられたインターネットからオープンソースなりが出てきたのは面白いな.著者はアメリカはインターネットで世界中を監視するためにインターネットを広めたって言ってるけど,そんな狭い考えを吹き飛ばすような新しい世界が広がりはじめているんだから.

では,新しいロボット技術もそういう軍事競争から生まれてくるんだろうか?
今の戦争は新しい技術を徹底的に使い自国の兵士が死なないようにするっていうことに重点がおかれる.その歩兵のハイテク機器装備化の行き着く先はロボット兵士になる.
きっと一般人からはうかがい知れないところで,日進月歩の開発が行われているんだろうな.
DARPA主催の無人ロボットカーレースUrban ChallengeBigDogを見ると,やっぱそういう文脈で開発したものは強いんだなと思う.
お金と人材,そしてそれをまとめる強烈な意思ってのが必要なのかな?
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/11/23(金) 22:28:44|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Bookoff原宿店が.... | ホーム | kernel2.6.22.9コンパイル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://namikister.blog101.fc2.com/tb.php/5-b56047c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。