時々帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センゴク外伝桶狭間戦記

これはおもしろい.歴史好きならたまらないはず.

まずは歴史を経済の面から捉えてる点がいい.
歴史って主役となる人物たちのドラマもおもしろいけど,そのドラマも歴史の大きな流れのなかで形作られる.
この本では気候変動による飢饉や天変地異が,食糧や土地を巡る争い,難民などを産み,
その中で生まれたシステムが,民衆と密着して領国を経営する戦国大名が活躍する戦国時代だとしている.
登場人物たちはそういう流れの流れの中で描かれていく.

次に桶狭間っていう有名なものを扱っているけど,視点が新鮮.
普通は織田信長を中心に描くんだろうけど,この本では今川義元と軍師の太源雪斎が中心になり,その視点から描かれている.
幼少時の今川義元と雪斎との出会いから始まり,信長の父織田信秀や,家康の父松平広忠が絡んでくる.
信長から描くと桶狭間の戦いに至る流れが疎かになるけど,この本ではそこに至るまでの道のりが丁寧に描かれていく.
そんで,どの人物も魅力的に描かれてるんだよね.

早く次が読みたいけどいつになるんだろうか?

センゴク外伝桶狭間戦記 (KCデラックス)センゴク外伝桶狭間戦記 (KCデラックス)
(2008/02/06)
宮下 英樹

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/02/09(土) 19:20:09|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<etchにemacs22 | ホーム | 画像ファイルのトリムをいっぺんにやりたい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://namikister.blog101.fc2.com/tb.php/16-111ac409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。